こどもの園(NPO法人)

こどもの園

海と山に囲まれた優しい環境の中で

こどもの園では、毎日同じ様なリズムが流れ、その流れの中で曜日ごとに、楽しみながら内面の豊かさが育つ助けとなる、芸術活動があります。

月曜日は「お味噌汁作り」をします。冬の間に園で手作りし、1年以上寝かした味噌を使ったお味噌汁です。月曜日は週末の家庭のリズムから園のリズムに戻るために、ゆったりとした朝の時間を過ごします。

火曜日の活動は「パンこね」です。作って楽しい、食べて美味しい、子ども達がそれぞれ作った素敵な造形芸術作品を保育中に焼き上げて、お家に持って帰ります。

水曜日はオイリュトミーの日です。オイリュトミーとは言葉と音の響きを身体で表現するものです。幼児期に合ったお話や季節の詩に合わせて、いずみの学校のオイリュトミストの動きを模倣して繰り返し身体を動かします。

木曜日は水彩絵の具で滲み絵をしています。滲んで様々な広がりを見せる色の不思議を、子ども達は想像力豊かに楽しみます。

金曜日は豆乳スープを園で手作りして昼食にいただきます。子ども達が野菜切りをお手伝いしてくれます。

芸術活動の後は、自然素材の玩具を使い見立て遊びや、ごっこ遊びに夢中になって遊びに没頭しています。

春には草花、夏には水遊び、秋には落ち葉、冬には雪遊び、季節がもたらす恵みを全身で受けながら、園庭で身体を大きく動かして遊びます。
火曜日には園周辺に散歩に出掛けます。