秋の散歩

いずみの学校の敷地内にあるトチの木に、実が重そうに枝がしなり始めたので、散歩でトチの実拾いに出かけました。
今年はトチの実は生り年なのか、沢山落ちていました。1つ1つの実も大きく、1粒4~5センチほどの実がゴロゴロ拾えて、園児達も次から次へと籠に入れていました。拾ったばかりのトチの実は磨くとツヤツヤでマルマルとしていて、コロンとしたフォルムがとても可愛らし実です。
そしてその色とフォルムが、「おはぎ」や「餡ころ餅」を連想して何とも美味しそうでもあります。これから数ヵ月間かけて乾かすと固い皮にシワがはいるので、ツヤツヤマルマルのトチの実を楽しめるのは今だけの楽しみです。
来週からの散歩は栗拾いになりそうです。園児達はすでに会話の中で、どこの栗の木がいっぱい採れるかなどを話していて、楽しみにしている様子です。

関連記事

  1. 大雪山縦走

    大雪山縦走

  2. オープンデー

    オープンデーが開催されました。

  3. 校舎屋上からの眺め

  4. こどもの園_玄関

    二学期

  5. 高等部の国語授業

    10年生の国語授業

  6. 100kmウォーク

    10年生キャンプ『噴火湾100kmウォーク』

最近の学校活動紹介

  1. 卵探し

    2024.04.30

  2. 入園式

    2024.04.15

  3. 開校式

    2024.04.9

  4. 卒園式

    2024.03.19

  5. 桃の節句

    2024.03.4