学校の黒板

3−4週間続けて同じテーマで学習するメインレッスン(エポック授業)には、子どもたちの想像力をかきたてるようなストーリーが各教師たちによって描かれます。

 

メインレッスンノート

教科書がないシュタイナー学校では、教師たちが指導しながら生徒たちが唯一無二の自分の本を創り上げていきます。その本を「メインレッスンノート」とか「メインレッスンブック」と言います。

 

アウトドア授業

海や山、そして湖と、大自然が身近にあるいずみの学校は、自然を観察し考察し、農業をも学んでいくシュタイナー教育にとって絶好の学びの環境にあります。その環境の中で、子どもたちは「青空教室」や「スキー合宿」「100キロウォーク」などなど多くのアウトドア体験をしていきます。

 

学校活動ブログ

NPO法人活動ご支援のお願い