10年生人類学

人類学
ヒトの起源を探り、人(=自分)とは何かを探る人類学。
 
今回は初期人類の頭骨を観察し、そこにどのような変化が見られるかをじっくり探し当てていきます
そして、その変化から、人類にどのような変化が起こったのかを読み取り、想像(=イメージ)していくのです。
 
例えばチンパンジーの段階では牙=犬歯が見られますが、その後の人類では犬歯は見られなくなります。
 
これは一体何を象徴しているのか?教室では喧々諤々の議論が始まります。
 
皆さんはどう考えますか? (中村重郎)

関連記事

  1. こどもの園

    秋の外遊び

  2. いずみ祭2018

    今年のいずみ祭

  3. 教室からの風景

    自然の猛威を感じた日

  4. 12年生授業

    12年生、2週間のパーマカルチャーの授業より

  5. 卒園

    卒園・進級を祝う会

  6. 十勝パネル展1

    『100周年パネル展 in 十勝 世界がかわる学び』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の学校活動紹介

  1. 春の陽射し

    2021.04.15

  2. 園看板
    看板チーム

    2021.04.15

  3. 12年生卒業式
  4. 12年生演劇

NPO法人活動ご支援のお願い

 

以下のバナーからクリックしてご購入いただくと、当NPO法人シュタイナースクールいずみの学校にスポンサー企業さまの売上金額の中から一部ご寄付を頂けます。ご支援よろしくお願い申し上げます。(当NPO法人には売上金情報のみが通知されます)