大雪山縦走

大雪山縦走

7月上旬に11年生は、アイヌ語で「カムイミンタラ」(「神々の遊ぶ庭」)とも呼ばれる大雪山の縦走に行ってきました。今年は例年とはルートを変えて大渓谷の層雲峡から入山しました。はじめに黒岳を登り、黒岳石室に泊りながら、御鉢平というカルデラを見下ろす北海道第2の高峰北鎮岳を登りました。3日目は御鉢平から流れ出る赤石川を越えました。明け方までの雨で水かさが若干増しており、登山靴を濡らさぬよう裸足で渡ったのですが、雪解け水の冷たさに「冷た~い!!」と皆思わず悲鳴。第3の高峰、白雲岳を登った後、麓のキャンプサイトにテントで泊りました。雄大な高根ヶ原を歩いて大岩壁を抱く忠別岳まで往復し、銀泉台に下山しました。生徒たちは大雪山の自然を「まるでハイジの世界」と独特の表現で形容していました。日常とは別世界の「神々の遊ぶ庭」で、青空と雲、真っ白な雪、色とりどりの高山植物に囲まれた5日間でした。(キャンプ担当 勝部武志)

大雪山縦走

関連記事

  1. 人類学

    10年生人類学

  2. 高等部交流会

    高等部交流会

  3. カムイノミ イチャルパ祭り

  4. 10年生演劇_エンデ

    10年生演劇「サーカス物語」

  5. じゃがいも収穫

    園だより 2018年9月

  6. 秋遊び

    秋の外遊び

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の学校活動紹介

  1. 高等部の国語授業
  2. いずみ祭2018
  3. いずみ祭2018
  4. ミカエル祭
    ミカエル祭

    2018.10.16

  5. りんごジャム
    秋の味覚

    2018.10.15

NPO法人活動ご支援のお願い

以下のバナーからクリックしてご購入いただくと、当NPO法人シュタイナースクールいずみの学校にスポンサー企業さまの売上金額の中から一部ご寄付を頂けます。ご支援よろしくお願い申し上げます。(当NPO法人には売上金情報のみが通知されます)