2018年度 1学期末の高等学園

高等部作品

北海道は、7月になってもなお肌寒い日々が続き、日本全国の天候も荒れに荒れている今日この頃です。
高等学園では大きなイベントが目白押しです。現在、生徒たちは、高等部交流会やいずみ祭の準備に余念がなく、12年生はそれに加えて卒業プロジェクトの制作活動その他諸々の取り組みに忙しい毎日です。その活気ある表情や凛とした態度を見ると、仄かな安心感を覚えます。

11年生の銅細工作品

さて、写真は11年生の銅細工作品です。先頃の授業にて仕上げました。
銅板を鉄切りハサミにて切り抜き、木槌と木台等で叩いて板金しました。更に表面にエッチング加工(食刻ともいい、塩化第二鉄による腐食作用を利用した加工法)を施しました。
なかなかの出来に仕上がりましたので、皆さんに見て頂きたいと思います。
それでは、また。
(芸術専科 宮原史彦)

11年生の銅細工作品

関連記事

  1. じゃがいも収穫

    園だより 2018年9月

  2. 2018 ウポポへようこそ!

  3. 10年生演劇

    求めています!

  4. アドベント

    アドベント

  5. 縦割り会議

    親たちの縦割り会議

  6. カムイノミ イチャルパ祭り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の学校活動紹介

  1. 高等部の国語授業
  2. いずみ祭2018
  3. いずみ祭2018
  4. ミカエル祭
    ミカエル祭

    2018.10.16

  5. りんごジャム
    秋の味覚

    2018.10.15

NPO法人活動ご支援のお願い

以下のバナーからクリックしてご購入いただくと、当NPO法人シュタイナースクールいずみの学校にスポンサー企業さまの売上金額の中から一部ご寄付を頂けます。ご支援よろしくお願い申し上げます。(当NPO法人には売上金情報のみが通知されます)