オイリュトミーの夕べ

2018年11月オイリュトミーの夕べ

オイリュトミーを知っていますか?

「オイリュトミー」って知ってますか?
音や言葉のエネルギーを身体の動きで表現する、シュタイナー学校で教える特徴的な科目のひとつです。
私は、随分昔から知ってはいましたが、よく理解しようとしませんでした。
自分の中に、何か違和感を感じていたのです。

その昔、私は学校のオイリュトミーの教師に聞いたことがあります。

私「オイリュトミーって一体何なの?バレエみたいなもの?」
教師「えー。何言ってんですかー。全然違いますよー。むしろ正反対ですよ。」
私「えー?だって似たような舞踊じゃないんですか?」
教師「オイリュトミーはダンスではないんですよ。バレエは究極の身体表現。オイリュトミーは身体を消すことでエネルギーを表現するという感じかな・・・。」
私「へー・・・」

その時にはその説明がピンときませんでしたし、
子どもたちが授業を受けているのを知ってはいたものの、
やはり、どうしても関心を持てず、ちゃんと理解しようとも思いませんでした。

しかし、

すごいぞ!オイリュトミー。

今回、「オイリュトミーの夕べ」で撮影担当をしたことから、
高等部の子どもたちと先生のオイリュトミーの演目を1時間半にわたって鑑賞したら、
観終わったあとのその感想は、

「何これ?すごい・・・!」

 

018年11月オイリュトミーの夕べ

そう、「すごい」の一言なんです。
きっと若い人なら「これ、やばい。やばすぎ。」って言うのではないでしょうか。

それぞれの演目は音楽や詩(言葉)を表現したものでしたが、
何か新しいものを発見した「喜び」のようなものを感じたのです。
そこに、「身体」が消え、「エネルギーの流れ」をみたからなのでしょうか。

そして、今。
こうして記事を書いていながら、

「『すごい!』っていう感じを、オイリュトミーではどういう風に表現するんだろう・・・?」
なんてことまで考えはじめる自分に気づいています。(笑)

さてさて・・・

果たしてこのあと、自分でもいつか「やってみたい!」と思うまでになるのでしょうか・・・

(保護者)

018年11月オイリュトミーの夕べ

 

イベント2018

 

関連記事

  1. 春の卵探し

  2. 学校看板塗り替え作業

    学校の看板文字塗り替え作業

  3. 10年生演劇

    求めています!

  4. 2019年度 春

  5. 豊浦町文化祭に参加

  6. 高等部作品

    2018年度 1学期末の高等学園

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の学校活動紹介

  1. 大雪山縦走登山1
  2. クラヴェール一家演奏会1
  3. 園七夕1
  4. オープンデーバザー1
  5. 園バザー作品作り1

NPO法人活動ご支援のお願い

以下のバナーからクリックしてご購入いただくと、当NPO法人シュタイナースクールいずみの学校にスポンサー企業さまの売上金額の中から一部ご寄付を頂けます。ご支援よろしくお願い申し上げます。(当NPO法人には売上金情報のみが通知されます)