高等部授業『生物』

生物

 2学期が始まってから1週間の間、東京の私立の高等学校で『生物』を担当している前廣清香先生が特別講師として、11・12年生に生物を教えに来て下さいました。人間を客観的に見ることができるようになる高等部生に対して、『遺伝学』と『解剖学』をテーマに、動植物の細胞や内臓を観察するという授業でした。ウニの受精では、卵子に精子が到達して受精膜ができるところから1つの細胞が8つに分かれるところまでの細胞分裂を観察したり、豚の臓器を解剖して自分にも同じような臓器があることを実感したりしました。生徒たちの反応は様々で、大興奮している生徒もいました。

理科専科 鈴木三郎

高等部授業 生物

関連記事

  1. ロウソク作り

    ロウソク作り

  2. 12年生プロジェクト

    12年生卒業プロジェクト発表

  3. 11年生職業実習

  4. 縦割り会議

    親たちの縦割り会議

  5. 2018年11月オイリュトミーの夕べ

    オイリュトミーの夕べ

  6. 高等部理科の授業

    12年、11年の理科の授業から

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の学校活動紹介

  1. 生物
  2. サマーコンサート
  3. こどもの園遠足
    遠足

    2021.07.30

  4. こどもの園看板
  5. 大雪山縦走

NPO法人活動ご支援のお願い

 

以下のバナーからクリックしてご購入いただくと、当NPO法人シュタイナースクールいずみの学校にスポンサー企業さまの売上金額の中から一部ご寄付を頂けます。ご支援よろしくお願い申し上げます。(当NPO法人には売上金情報のみが通知されます)